ヤマ忠木股製陶|ものづくりのコンセプト

HOME > ものづくりのコンセプト

美濃焼の窯元として

磁器の可能性を追求したものづくりをお手伝いします。

concept
ヤマ忠木股製陶所は、美濃焼の生産地、岐阜県土岐市肥田町にて陶磁器の窯元として、昭和25年より小皿などの食器を中心に生産してきました。しかし、昨今の安価な外国製品の流入にともない、この地方の地場産業はたいへん厳しい状況下にあります。
当社も例外なくその時代の波に呑まれつつも、これまでの大量生産型から多品種少量生産への切り替えを行いながら「モノづくり」の原点を見直し、多付加価値の高い製品の提供を目標としています。
最近では、デザイナーやアーティストとのコラボレーションによる生産(プロダクトデザイン試作・共同開発受注生産)など食器以外の分野でも磁器の可能性を追求し、実用性の中に生まれる「用の美」、磁器の良さを生かしたものづくりを目指し、日々試行錯誤を重ねています。
お客様の欲しいもの、造りたいものをカタチにしたい。私たちにお手伝いさせていただけることがあればお気軽にお問い合わせください。



1234